滋賀県大津市瀬田駅前の進学塾 エース進学ゼミ

滋賀県大津市一里山1-6-21伸拓ビル3F TEL077-543-8830

志望校に合格できる生徒とできない生徒の差は何だと思いますか?

新着情報・お知らせ

新中1はもう始まっているんです

2014-08-13_17-58-58_7_profilel来年になったら「中1だから塾のこともかんがえないとね」・・・まあ、大半の方はそうだと思います。また、此の経済状況ですから「中1のうちは家で自分で勉強させて・・」よくわかります。

わが家も3人も子供がおりますので、同時に高校・中学に在学しているときは、経済的に大変でした。部活の遠征だとか、用具とかとにかくかかります。

「えっ!また、ラケットが壊れた?」・・文句の一つも言いたい。しかし・・・・・・

中学の勉強で1番大切なのは「中1の1学期」なんですよ。確かにね、塾に行こうが行くまいが450点くらいは取ってきます。そんなのは珍しくありません。逆にそこで280点とかだと「さあ、大変」なんです。授業がほとんど分かっていないということですから。しかし、450点と言ってもアルファベットや正負の数の基本ですから、大した勉強はいらない・・・学校のワークを部活停止期間にあわててやる程度の勉強でも取れます。

問題はそこじゃないんです。みなさん「文武両道」とおっしゃる。「文の道」と「武の道」の2道を両立させるなんて実は至難の業なんです。中2~3で、できている生徒はごく少ない。まず教科書を「置き勉」するメンバーはこれから外します。問題点は「中学生としての勉強習慣を確立できるか・・・1学期に」ということ。4月下旬~6月は、暑くて暑くて部活でへとへとです。それでも「勉強習慣がまもれるか?」なのです。

まあ、3年後の高校進学先はこのあたりでもう決まると言っても80%は間違いないと思います。そういう観点から言うと「中1のうちは、自分でやらせて様子をみる」など塾人の立場から言うと「機会を逸する」と思います。

もう中1の5月~7月・・・・お子さまは「授業が分からないな」と思い始めても絶対、「塾に行かせてくれ」なんて言いません。「行きなさい」と言ってもいきません。

しんどいのです。新しいことが「生活」に入ってくることを拒絶します。・・・・・2学期中間で450点が250点に急転直下‣・・急降下します・・・・初めて慌てますが・・・わからなくなったのは実は5月ごろ取り戻すのはたいへんです。

ですから、中学生活の初めから「エースを生活の中に入れた毎日」を組み立てることをお勧めします。

facebookエース進学ゼミ公式FaceBook
エース進学ゼミブログ

〒520-2153
滋賀県大津市一里山1-6-21
伸拓ビル3F
077-543-8830